<< なんだかな。  *  top  *  アサギマダラが来た。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - *
演舞場へ行ってきました。

十月花形歌舞伎を観に演舞場へ行ってきました。
演舞場、久しぶり。
スーパー歌舞伎を観に通っていた頃はホームだったのにね。

昼の部は3階鳥屋脇より、2幕目から観劇。
「京人形」「江戸っ子繁昌記 御存知一心太助」
夜の部は1階上手より観劇。
「當世流小栗判官」

以下、感想です。

ぶっちゃけてしまえば…昼のほうが面白かったかも。
一心太助が意外に面白く。ちょっとチャラいかなーとも思うけど、獅童さんにあってる芝居だなって。肩の凝らない芝居で、脇を固める人達がすごくよかったので、全体のバランスもよかったし楽しかったです。…1等で観たらまた感想は違うかもしれないけど^^; 猿弥ちゃんのじいが大好きです。老け役、いいなぁ。門之助さんの柳生十兵衛は意外でしたが格好よかった!

夜の部は…ちょっと意外。亀治郎さんは猿之助さんを彷彿とさせるし、やり方に不満はないのに、(他の役者が猿之助歌舞伎をやると、あぁそうじゃないのに!って不満を感じることが多い)舞台としては心が盛り上がってこないというか…。猿之助歌舞伎なのにお腹いっぱいにならないというか、うーん、あっさり風味なのかなー。

浪七なんてニンにないのに大熱演だなって思うのに、あぁ、この岩って、この面で血を流し、この面で落ちそうになり、この面で逆さ落ちするのね〜っていう段取りに目がいってしまうような、冷静な目で観ている自分に気づいてしまったり。小栗判官も少年ぽく線が細いかなって思うし…。お駒が一番ニンにあう。上手いなって思うし。3幕が一番安心。

そして、笑也さんとはバランスがよくないか。^^;
天馬の宙乗り、二人が別々に飛んでるみたいで、そこに愛はなかった(笑)。想像できたけど…^^;

全体のバランスや完成度としては、以前国立でみた歌舞伎組のほうが好きかなぁ。
右近・笑也のほうがバランスが良かったし、段治郎さんの浪七すごくよかったし。とはいえ、3幕目のお駒と判官の早替りとか、あったほうが面白いなと思うけど。うーん。今回好きだったのは、2幕の浪七の家の場面と3幕の奥座敷かな。ただ、橋蔵が客席へ拍手を求めるのがちょっと。あれ、テンポ崩してるのに気づかないのかなぁ・・・。ちょっとイラッと。

亀治郎さんは立ち役だと、少年ぽくなっちゃうのかな。意外と、周りが歌舞伎組だとバランスがあんまりよくない気がする…。演じる演目が限られるかなぁ。この先どういうものをやっていくのかなぁ…。

まぁでもまだ4日目。後半戦にはもっと盛り上がっていることを期待しつつ。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
スポンサーサイト
* - * - *






 

ナツミカン*

趣味や日々のアレコレ。
過去にさかのぼると、歌舞伎や
クレイ人形の話も出てきます。


Calendar 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
201907       201909
HOMEPAGE 
歌舞伎、スーパー歌舞伎の
クレイ人形たち。
HP「ナツミカン」にて公開しています。
Category 
ブログ内検索 
Archive 
New Entry 
Recent Comment 
Link 
歌舞伎 Links 
澤瀉関連のDVD&本 

DVD
Others 
(2007.1.1〜)