スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - *
猿之助さん。
今年の文化功労者に猿之助さんのお名前が。
舞台に立たれなくなってもう何年経つんだろう。
もう、いろいろな賞とは無縁なのかしら・・・こんなに大きな功績を
残しているのにな・・・と思っていたので、嬉しい話題。

ただ、朝日新聞に載っていた猿之助さんのコメントに
この先も「演出家として」がんばっていく、というようなことが書いてあって
あぁもう舞台に立たれるおつもりはないのだなぁと
なんだか寂しい気持ちです。

猿之助さんが舞台に立たれなくなって
胸にぽっかり開いた穴を埋めてくれるような存在には
まだ出会えません・・・。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
再び。
「滝の白糸」。三越劇場にて。2回目の観劇。
欣弥がよくなってた!

舞台はあまり見ない、という人をお連れしたけれど
意外な展開に驚かされてか、結局最後までちゃんと起きていられた、と。
水芸にも驚いたとのこと。楽しんでもらえてよかった^^
(この日は水の水量が最後キワドかった・・・止まっちゃうかと思った)
ただ、芝居の最後がちょっとどんよりというか・・・
拍手するような終わり方ではないので・・・
熱演にどう気持ちを伝えたらいいのか、ちょっと心残り。
まぁでも死者が生き返るようなカーテンコールも、なぁ。


続けて、雅叙園の猿之助歌舞伎の衣装展へも。
あれは、すごい(笑)。
衣装もすごいし、部屋もすごい。
楽しかったー。興奮したー(笑)。


その後、時間があったので、三菱の一号館美術館へ。
靴音がはげしく響く・・・恐ろしい建物でした^^;
「三菱が夢見た美術館」 
丸の内美術館計画の紹介と、三菱やゆかりの個人蔵の作品を展示。
ルノワールの麦藁帽子の若い娘がやわらかくて素敵でした。
それからシャガールとモネも好き。
そういえば、お客さん(女性)が途中の部屋で荷物を預からせてくれと
係員さんに言われてました。
彼女が持って回っていたものは、ゴルフクラブ。しかもドライバー(笑)。
そりゃ、取り上げたくもなるでしょうけど^^;
美術館側も受付通る時に気づいて預かればいいのに。


そんな、密度の高い一日でした。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
久々に。
 久しぶりに上京、観劇。
三越劇場にて、「滝の白糸」を観てきました。
新派の方々に加え澤瀉から春猿さん、笑三郎さん、猿弥さん、ほか。
 → 歌舞伎美人 滝の白糸

この舞台、面白かったです!
「滝の白糸」というタイトルだけは知っていたけれど
実際どんな話なのかっていうのは知らなくて。
意外な展開に驚きました。
や、観にいってよかった。
□ 続きを読む >>
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
10月。
あっという間に10月。
夏から秋へもあっという間に変わってしまいました。
長袖をはやく出さないと・・・
作りかけの夏物ワンピをどうしてくれよう。
タートルをインしたら冬でもいけるかな。

10月と言えば、三越劇場。
来週から新派+澤瀉屋の「滝の白糸」がはじまりますね。 → 公演案内 
得チケもでていますので^^;
お時間のあるかたはいかがでしょうか。
わたしはアフタートーク付きの日に行ってくる予定。

そのあと、歌舞伎展at目黒雅叙園『猿之助歌舞伎の魅力』 → 歌舞伎美人
のほうへも廻ってこようと思っています。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
猿之助歌舞伎の魅力
歌舞伎展at目黒雅叙園 『猿之助歌舞伎の魅力』

特設サイトはこちら

すっごく気になります。
というか、絶対行きたい!(笑)
衣装を間近で見られるなんて楽しみです。
猿之助一門の俳優によるトークショーもあるようですね〜。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
澤瀉屋の舞台。
「 夏の夜の夢語り

2010/8/7(土)/8/8(日) 日本青年館にて。
朗読劇、なの?

澤瀉からは段治郎さん、笑也さん、そして猿琉さん。
タテ様との競演とは興味深い・・・。

チケット発売は7/15より。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
寂しい。
市川猿之助傾き一代」 を読みました。
地元の図書館にも、リクエストして入れてもらっちゃいました^^;
たくさんの人が読んでくれるといいんだけどな。

この本を読んだ母の感想。
どうしてもっと早く猿之助さんの舞台を観なかったんだろうと後悔した、と。
(うちの両親は、私の人形展以降しか澤瀉屋の舞台を観ていないので
 猿之助さんの舞台は一度も生で観ていないのです。)
私は99年くらいからかな? だから、少しは見ることができたけれど
でも私ももっと早く、1年でも早く、舞台を観ておきたかったなぁ・・・。


先日、猿三郎さんのブログに「双絵草紙忠臣蔵」の話が載っていて。
その話を読んだだけで、引き上げの早替りの猿之助さんの様子や
その時のお客さんの熱気なんかが想像できて、
なんだかもうワクワクして。
最近舞台を観にいってもなーんか物足りない!って思ってしまうのは
こんなワクワクを感じてないからだ!と改めて実感してしまいました。
昔のような、客席のうわーっていう熱気の渦を感じないし・・・。
どうしてももう1回観たい!って舞台に最近出会ってないもんな。

なんだか寂しい。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(2) *
演劇界。
今月号の演劇界、特集が「猿之助四十八撰」です。
 
 

閉場式のことも載ってるし。
記念にさっそく買ってみました^^;
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
キャンペーン。
 明日、中日劇場で「四谷怪談忠臣蔵」初日。
今回はだいぶ貸切公演が多いですね。
好きだった天川屋がなくなってしまうのは残念ですが、
演出もいろいろ変わるようで。
お近くのかたはぜひ。
3回観劇すると、「出演者直筆サイン入り 舞台写真プレゼント」だそうですよ。
遠征の場合は昼夜昼、とみれば完成ですね^^;

→ 中日劇場

今晩0時50分からBS2で「新・水滸伝」放送。
こちらも猿之助四十八撰の一作品でしたね^^;
お見逃しなく。
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(0) *
GWは・・・
GWはPCもほったらかしで過ごしていたので
今更ながら、閉場式のことなど。

チケット取れなかった〜と言っていた閉場式ですが
ご厚意でお誘い頂き、参加することができました。ありがとうございます^^

12時開演、11時半頃には歌舞伎座へ着きましたが、すでにすごい人。
そして避けようがないほどのテレビカメラ^^;
歌舞伎座の入り口って雰囲気があって好きでした。

5分〜10分の休憩をはさみながら、
松竹会長挨拶、都風流、娘道成寺、口上、
45分の休憩をはさんで手締式。
全部で3時間くらいだったかな。

45分休憩の時は舞台上のスクリーンで過去の名優紹介のビデオ上映。
それも時々見つつ、劇場内をうろうろしながら写真を撮ったり、
最後の小倉アイスを食べてみたり。名残を惜しんできました。
□ 続きを読む >>
* 舞台・話題 (歌舞伎・澤瀉屋) * comments(2) *

ナツミカン*

趣味や日々のアレコレ。
過去にさかのぼると、歌舞伎や
クレイ人形の話も出てきます。


Calendar 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
201907       201909
HOMEPAGE 
歌舞伎、スーパー歌舞伎の
クレイ人形たち。
HP「ナツミカン」にて公開しています。
Category 
ブログ内検索 
Archive 
New Entry 
Recent Comment 
Link 
歌舞伎 Links 
澤瀉関連のDVD&本 

DVD
Others 
(2007.1.1〜)